Pokemon Story/p74

From Poké Sources
< Pokemon Story
Revision as of 17:44, 6 May 2023 by Arceus (talk | contribs) (Added Page translated template.)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Pokemon Story p74.jpg
 
Warning: the text below has not yet been proofread!
The text below has not yet been translated.
Page 74, scan, edit, history
74

衝撃的なゲーム機でした。ファミコンと同じように、最先端の技術ではありませんが、小さなボディに時代を先取りしたアイデアが凝縮していました。この初代『ゲームボーイ』の後、1996年にはさらに小型化された『ゲームボーイ・ポケット』が開発され、98年の『ゲームボーイ・カラー』、さらに2001年3月には『ゲームボーイ・アドバンス』を発売予定です。
初代が発売されてから10年以上経ってもなお、どのゲームボーイでも使えるゲームソフトのカートリッジがあります。それほど長い間互換性を維持しているゲーム機は他にありません。
そして、発売されたばかりの『ゲームボーイ』のユーザーの中にいたのが、ゲームフリークの田尻智でした。
自主開発の『クインティ』を完成させたばかりの田尻は、『ゲームボーイ』が持つている通信機能を見て、新しいゲームの可能性を感じました。『ゲームボーイ』用ゲームソフトの企画書を持って、田尻が下北沢から小田急線に乗ったのはそれから1年後。
ようやく、ポケモンが任天堂に出会う日がやってきたのです。

[[BOTTOM TEXT, pt 2|
上に直接回路を焼き付ける技術を手に入れ、この価格問題をクリアにしました。
]]

[[IMAGE CAPTION 1|
ゲー厶ボーイカラー
]]
[[IMAGE CAPTION 2|
ゲー厶ボーイ・アドバンス
]]

← Page 73 – Page 75 →

Note: to add furigana, use {{Ruby-ja}}.