Pokemon Story/p57

From Poké Sources
Pokemon Story p57.jpg
 
Warning: the text below has not yet been proofread!
The text below has not yet been translated.
Page 57, scan, edit, history
第1章  誕生

大ヒットしました。ブッシュネルは続いて、1人でできる『ポン』を考えているとき、日本でフロツク崩しとして知られているゲームを思いつきます。ブッシュネルはこれに『ブレイクアウト』と名付けて、アタリの第2作目として発売しました。『ブレイクアウト』は『ポン』を上回る成功を収めました。
ブッシュネルは、シリコンバレーで最初に巨万の富を手にした若者になりました。自家用ジエツト機を2機所有し、気分次第で世界中どこにでも自ら操縦して出かけ、着陸した土地が気に入るとそこに邸宅を買うーー。それが最盛期のブッシュネルの生活でした。飛行機の操縦桿を握っていないときはヨットの舵りんを握っていたとも言われています。アップルの設立者スティーブ・ジョブズもマイクロソフトのビル・ゲイツも、まだ世に出ていない時代です。というより、彼らの目標こそが、ブッシュネルでありアタリでした。実際、アタリ社の草創期には、ジョブズを始め、後にマイクロソフトやエレクトロニック・アーツ、ルーカスフィルム、ルーカスアーツなど、シリコンバレーでアメリカンドリームを実現する主要企業の未来の幹部たちの多くが、ブッシュネルの下で働いていたのです。ジョブズがアップルを設立したのも、アタリで働いている間に、パーソナルコンピュータの巨大な潜在需要に気づいたからでした。ついでながら、ブッシュネルの『ブレイクアウト』の開発には、ジョブズと、ジョブズとともにアップルの創設者でもある天才プログラマーのスティーブ・ウォズニア

[[BOTTOM TEXT, pt 4|
う。この内容は仕事をする上での基本姿勢の問題です。ビジネスのイ口ハなのです。若い方はいろんなビジネスの局面で参考にしてください。
①「バー夕ー交渉は避ける」
これをしてあげるからこれをしてください的な交換交渉は決して良い結果を生みません。お互いのリスクを確認しあうことは大事ですが、お願いと奉仕は別々に考えるほうが正しいと思います。相手の足元を見るようなやり方は、その場はうまく通過できても必ずしつペ返しを受けるはずです。
②「フエアにこだわる」外国人と交渉すると彼らが必ず口にする言葉があります。それが「It's unfair!」
]]

57

← Page 56 – Page 58 →

Note: to add furigana, use {{Ruby-ja}}.