Pokemon Story/p341

From Poké Sources
Pokemon Story p341.jpg
 
Warning: the text below has not yet been proofread!
The text below has not yet been translated.
Page 341, scan, edit, history
第2章  ブレイク

「ポケモンの仕事をしようというとき、人間関係がとてもいいかたちになったのは、多分ポケモンという作品が持っている運の強さだと思います。ゲームのポケモンという作品自体が持っているものでしょう。作品の力と言い代えてもいいかもしれません。アニメチームにとって、ある意味でポケモンは借り物なんです。しかし、それを借り物ではない、自分の表現で表現できているという満足感。そういうものがあるんです」
クリーチャーズの伊藤あしゆら紅丸が、あるときこう言ったことがあります。「みんなね、子どもなの。子どもだから、ポケモンはできたの。そこに1人だけド口ド口した大人の世界のダークサイドパワーを持った人がついてるの。でもそういう人がいたから、何でもありの大人の世界の中で健全な制作体制を維持してこられたとも言えるんですよ。それが、久保さん」
アニメーション制作の枠組みを作った久保は、石原とともに、制作の進行を静かに見守っていました。
1997年3月28日金曜日、東京都千代田区一ツ橋の如水会館内「スターホール」で、アニメーション作品『ポケットモンスタ—』第1話「ポケモンきみにきめた!」の完成披露試写会が行われました。それまでにラッシュや内輪の試写会に参加した者

[[IMAGE CAPTION 1|
辺見俊夫さん
]]
[[IMAGE CAPTION 2|
アニメ編集。
JAYFILM取締役。19 56年11月27日生まれ。代表 作は、ああつ女神さまつ、走 れメロス、ブレンパワード、ー 下級生、花の魔法使いマリー ベル、新機動戦記ガンダムW (ウィング)など。
]]

341

← Page 340 – Page 342 →

Note: to add furigana, use {{Ruby-ja}}.