Pokemon Story/p336

From Poké Sources
Pokemon Story p336.jpg
 
Warning: the text below has not yet been proofread!
The text below has not yet been translated.
Page 336, scan, edit, history
336

シナリオライターグループの主力ライタ—だった首藤剛志発案、吉川兆二脚色で、ムサシという美しい声を持った女の子(声優林原めぐみ)と、コジロウというハンサムな男の子(声優三木眞一郎)のカップルに、ニャースというばけねこポケモン(声優犬山犬子)という組み合わせの、魅力あふれる悪役一味を生み出しました。「二ヤースだけはしやべらせてくださいってお願いをしました。というのは、ロケツ卜団を、まあ言ってしまえばタイムボカンみたいにしたかったのと、ケンケンみたいなのが1人いた方がいいだろうと思ったからなんです。はなつから、ニャースを悪者にしてしやべらせようと思っていました」(吉川)タイムボカンという名に懐かしさを覚えられた方もおられるでしょう。ちなみにロケット団には、ちやんと「なんだかんだと聞かれたら、答えてあげるが世の情け……」という口上もあります。
アニメストーリー上、ロケツト団は、ゲームと同じようにアニメでもポケモン狩りをしているのですが、なかでもピカチュウがお気に入りで、ピカチュウを盗もうと、サトシたちの後を追っているという設定です。それが、サトシたちのポケモンマスターを目指す旅をたどるメインのストーリーとともに、サトシたちとロケツト団の掛け合いがアニメの重要なサブストーリーになっています。ロケット団人気は回を重ねる毎に上昇し、その存在はピカチュウと並んで、アニメのポケモンが成功した2大要因

[[IMAGE CAPTION 1|
大橋志吉さん
]]
[[IMAGE CAPTION 2|
シナリオライター。1959年4月10日生まれ。代表作は、ゲゲゲの鬼太郎、幽遊白書、気まぐれオレンジロード、北斗の拳、ひみつのアッコちゃん、マクロス7。
]]

← Page 335 – Page 337 →

Note: to add furigana, use {{Ruby-ja}}.