Pokemon Story/p335

From Poké Sources
Pokemon Story p335.jpg
 
Warning: the text below has not yet been proofread!
The text below has not yet been translated.
Page 335, scan, edit, history
第2章  ブレイク

のポケモンのことを考え、恐らくそれぞれに偶然同じ着想を得たのでしょう。それほどまでに、ポケモンのアニメ作品が、参加しているスタッフ1人1人にとって、彼ら自身のものになっているのだろうということを、お話ししたかったのです。いずれにしても、こうしたアニメチーム側から提案された、ゲームの世界の設定の大きな変更を、ゲームチームは受け入れました。のみならず、主人公のサトシがピカチュウを連れて旅に出るというアニメの世界の設定は、ゲームのなかにフィードバックされ、ピカチュウバージョンとも呼ばれるポケモンの4番目のバージョンの黄バージョンでゲームの枠組みの一っとして採用されています。
「そういう体験は、まずないですね。ゲーム側はゲーム側でアニメーションを楽しんでいるということを感じて、やっててとても嬉しいですね」(湯山)
神田はまたこんなことも言っています。
「逆に、却下された提案ってあったかなって考えてみると、考え込んでしまうくらいないんですよ」
吉川も会議にたくさんの重要な提案をしましたが、ロケット団の設定変更もそのーつです。ロケット団は、ゲームの中ではトキワタウンのジムリーダーサカキ率いるギヤング団で、世界中のポケモンを捕まえて売買し、大もうけしょうと企んでいます……というのが、アニメの原作となった赤緑バージョンでの設定です。アニメでは、

[[IMAGE CAPTION 1|
首藤剛志さん
]]
[[IMAGE CAPTION 2|
シナリオライター。1949年8月18日生まれ。福岡県出身。代表作は戦国魔神ゴーショーグン、アイドル天使ようこそようこ、まんがはじめて物語、宇宙戦士バルディオス、さすがの猿飛、超くせになりそう、銀河英雄伝説、機動戦艦ナデシコ。
]]

335

← Page 334 – Page 336 →

Note: to add furigana, use {{Ruby-ja}}.