Pokemon Story/p330

From Poké Sources
Pokemon Story p330.jpg
 
Warning: the text below has not yet been proofread!
The text below has not yet been translated.
Page 330, scan, edit, history
330

「それでも、そのとき想像していた地滑り的大勝利の規模は、実際の成功に比べたら、ごくささやかなものでしかなかったんですけどね」

ピカチュウ

こうして、小学館グループが賭けに出たなかで整えられた制作環境の中で、アニメ制作スタッフは、ますます意気込んでいったのですが、その意気込みに、原作者側も応えました。
「ポケモンは、ゲームチームが最初からすごく好意的ですね。アニメチームに対して、目が優しいと言いますか、こうしたいんですけど、こう考えているんですけどどうですか、こういう展開をしたいんですけど、と言ったときに、一緒に面白がってくれるんです」
そう話すのは、神田です。
「一般論として、ゲームをつくっている人たちと一緒に仕事をすると、非常に狭いんですよ、目が。制約がきっいんですね。自分でやった仕事もそうでしたし、人から聞いた話も同じですね。ここはこうでなくてはいけない的な部分が多くて、ゲームの本線から外れられないんですよ。それを思うと、ポケモンのゲームチームは、自由度が

[[BOTTOM TEXT, pt 2|
代理店が番組スポンサーからくるCM料を供出しないとアニメ番組は成立しません。コピーライト(@)に広告代理店名が入っている場合、このパターンで制作していると考えて間違いないでしょう。
パターン③
アニメ製作会社またはその制作出資グループが全額製作費をもって製作する場合。八リウッドなどのメジャースタジオの作品や深夜アニメ番組に多い考え方。深夜番組はそもそもスポンサー金額が安いのでテレビ局から来る製作費は期待できません。ゆえにビデォの販売益をあてにした作品がどうしても多くなります。ビデオの販売益をいろいろな権利者へ分配するとスキー厶が成立しなくなるため、どうしても制作側が全額出資の形
]]

[[NB: In the above text, Kubo mistakenly uses the 'at' symbol (@) instead of the copyright symbol (©).]]

← Page 329 – Page 331 →

Note: to add furigana, use {{Ruby-ja}}.