Pokemon Story/p310

From Poké Sources
Pokemon Story p310.jpg
 
Warning: the text below has not yet been proofread!
The text below has not yet been translated.
Page 310, scan, edit, history
310

ポケモンでは、その肩書きが独立プロデューサーに変わりました。その「独立」と言う言葉の意味について、吉川は次のように話しています。
「独立という言葉の意味は、人柱ということですね」
そう吉川は切り出しました。
「久保さんは、このポケモンっていうのはアニメにしたら絶対にうけるって思って、石原さんとか、いろいろネゴシエーションしていったわけです。その過程で、もし出来上がったアニメを見て、任天堂の山内社長から、こんなもんはダメだって言われたり、あるいは、スタ—卜してからでも、つまんないって言われたときに、いったい誰が責任を取るんだっていう話になったんですよ。そのときに、彼がアニメの総責任者ですって言って、わたしを立てたんです。つまり、久保さんも含めて、代理店にしろおもちや屋さんにしろアニメの制作会社にしろ、みんなプロデューサーという立場の人を立てますよね。それが、アニメがダメっていうことになったときに、誰の責任だって関係各社が責任のなすり合いをして、みんなで飛んじゃったら、任天堂さんとの付き合いがなくなっちやいますよねえ。そうなると、それぞれ会社としても影響が大きいじゃないですか。だから、会社を背負っていない人間をチーフプロデューサーに立てようということになったんですよ。それがわたしです。久保さんは、他の会社のプロデューサーの皆さんを守ります、だからやりましょうって言いたかったんですよ。

[[BOTTOM TEXT, pt 2|
の大きな製作会議を開催しており、出席メンバーが映画の製作会議とほぼ同じな関係から、映画とテレビの会議を兼ねることもでてきました。
]]

← Page 309 – Page 311 →

Note: to add furigana, use {{Ruby-ja}}.