Pokemon Story/p290

From Poké Sources
Pokemon Story p290.jpg
 
Warning: the text below has not yet been proofread!
The text below has not yet been translated.
Page 290, scan, edit, history
290

きり認識できるようになりました。
まず、制作体制を支える資金の面から、ポケモンのアニメ制作を見てみましょう。 久保が築き上げた制作の仕組みは、テレビ局を変革するものではありませんから、テ レビ局があり、スポンサーグループがあって、両者を広告代理店が取り持つという基 本的な構造は変わりません。異なるのは、広告代理店を含めた外側の仕組みです。 ポケモンのアニメ番組は、制作が小プロ、広告代理店はジェイアール東日本企画 (以下JR企画)です。JR企画は、その名称からもおわかりのように、ジェイアー ル東日本のハウスエージェンシー(専属代理店)です。JRの車内吊り広告や駅張り ポスターなどの交通広告、キオスクの販売網という流通経路など他の一般代理店には ない強みをもった代理店です。しかし1996年当時は、そのポテンシャルを新興ゆ えに100%出し切れていない、つまり成長途上にある代理店でした。 JR企画は当時、テレビ東京月曜午後7時からの枠を持っていました。その枠で放 送されていたのは、小プロ制作の『宇宙フレンド モジャ公』というアニメ番組です。 『モジャ公』は95年に放送が始まった藤子•F•不二雄の作品でしたが、開始以来視聴 率は苦戦気味でした。そのため枠単体では買い切っているJR企画の赤字が続いてい ました。もちろん手放して楽になるという選択肢もありましたが、テレビ東京のアニ メの枠は、一度手放すと次に持てるのがいつになるかわからないというほど希少価値

[[IMAGE CAPTION 1|
山岡瑞雄さん
]]
[[IMAGE CAPTION 2|
ジェイアール東日本企画代 表取締役社長。1936年生 まれ。58年日本国有鉄道入社。 87年東日本旅客鉄道株式会社 常務取締役。92年から現職。
]]

← Page 289 – Page 291 →

Note: to add furigana, use {{Ruby-ja}}.