Pokemon Story/p146

From Poké Sources
Pokemon Story p146.jpg
 
Warning: the text below has not yet been proofread!
The text below has not yet been translated.
Page 146, scan, edit, history
146

00匹くらいは、プレーしていれば持っていたくなるだろうと考えたからでした。そ のポケモンが名無しでも仕方がないと考えたのは、開発中はメモリーを節約したかっ たからでした。しかし、制作が進むにつれて田尻のテンションも上がり、捕獲したポ ケモンに名前が付けられるかどうかは、田尻にとって譲れない重要な問題になってき ました。
「名前が付いてなければ、自分のものだということにはならないわけですよ。たとえ ば、子どもの頃、先生に名前を間違えて呼ばれたら頭にくるじゃないですか。それは オレじゃないと思うわけです。それで、名前を付けると100匹から30匹に減ります けど、それでもいいですかって言われたんですよ。それでも、名前を付けられない 100匹より、名前を付けられる30匹の方がいいということに、ゲームフリークとして はまとまったんです。でも、狙いとしては、30匹じやなくて、150匹全部に名前を 付けて保存できるようにしたいということでした。それで、これはRAMが増えたり データをセーブできる場所が増えたりすれば解決できるんですけど、どうでしようっ て、資料を用意して石原さんに相談したんです。まあこれは、駆け引きですね」(田 尻)
相談を受けた石原は、無名の100匹より名前をつけた30匹の方がこのゲームの価 値を高めるんだということを任天堂に話してみて、それで任天堂を説得できたら、メ

[[BOTTOM TEXT|
ビット
ビットはCPUが一か0で数字を表し計算するときの 単位。8桁の0か一の数字で 計算するコンピュータのこと を「8ビットマイコン」と呼 んでいた。ファミコンとゲー 厶ボーイのCPUは8ビツト。 スーパーファミコンは16ビッ 卜。プレイステーションは32 ビット。ニンテンドウ64は64 ビット。ビット数が多いと一 度に計算する桁数が多いこと になり、表現能力が著しく上 がります。ちなみに8ビット でーバイト。
]]

← Page 145 – Page 147 →

Note: to add furigana, use {{Ruby-ja}}.